上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line
生あるものは必ず死を迎える。

天寿、不慮の事故、不治の病、犯罪、天災、、、

仕方の無いことではあるけれど、つい先ほどまで息をし、間違いなくそこに存在した命が、天に召され行く様を見守る辛さは如何ばかりであろう。

病魔と闘い、苦しむ姿を見るのが辛くて、このまま楽に逝かせてあげたい・・・
そう思っていても、いざ目の前で息を引き取る様を見るのは辛い、悲しい。

息を引き取った後の安らかな顔を見て、楽になれてよかった。もう苦しまなくてもいいんだよ。
よく頑張ったね。

そう言いながらも、嗚咽が止まらない。
見送る者の辛さ、この悲しみにかける言葉が見つからない。

ただ、君は間違いなくそこにいた。
私達と同じ時間を共に過ごした。
助け合った。
嫌いになったときもあった。
泣いたり笑ったりしながら共にいた。
いつもそばにいてくれた。
そこにいるのが当然のことのように
君はそこにいた。
いや、いてくれた。

だから、これからもきっと傍にいてくれるよね。
姿形は見えなくなっても、
思い出は永遠に生き続ける。

心はずっと傍にいる。

君がいたこと、
そのことは決して忘れない。
絶対に。
永遠に。


そんな思いが伝わりますように。

御冥福をお祈りいたしますvv

どうしても直接言えないので、ここに書いてしまった。
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

line
line

line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。